基本理念

TICは日本の不動産環境を創造する会社です。

TICの根幹ともいえる国際平和と人類共通の福祉の実現を目指し、国内外で草の根活動を行っています。貧困差別、紛争の拡大、環境破壊など、世界はさまざまな問題を抱えています。

こうした問題を根本から解決するためには、貧困の連鎖を断ち切るための支援や平和や文化を愛する心を育むための地道な活動こそが必要です。

未来を生きる自立した力をつくるもの。
それが子供達の住環境創造に取り組むすることです。

一人ひとりの想いから生まれたTICは、平和で公正な社会や、自立した人生をつくるのは住環境であるという信念のもと、50年以上に渡る子供達の自立援助、運動や日本における被災地の教育復興支援、文化や自然の大切さを未来に継承する世界遺産活動・未来遺産運動によって、国内外の人々に貢献してきました。

住環境が、人々の心の中に平和のとりでをつくる。貧困の連鎖を断ち切る力になる。文化や自然を尊ぶ心を育てる。そして明日を生きる希望と力になる。

TICはWSG憲章の理念を基にこの日本における子供達の住環境を創造し、「house for Tomorrow」を実現するために、今日も活動を続けています。

代表取締役 渡邊 紳一